小児のいびき


大きないびきをかいていたり、朝起きられないなどの症状がある子どもの場合、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
睡眠時無呼吸症候群になると睡眠障害が生じ、昼間の眠気、集中力の低下などの症状が出現するようになります。
睡眠時無呼吸症候群になると子どもの場合、酸素不足による身体へのダメージが大きいので、特に注意が必要です。

原因について

扁桃肥大、アデノイド肥大が最多の原因で、口呼吸となるアレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎による鼻閉も関与します。
一般的に耳鼻咽喉科領域の病気が多いことが、子どもの無呼吸症候群の特徴です。
その他、小さな顎、下顎が後退していること、肥満も無呼吸の原因となります。

注意すべき症状

子どものイビキ・無呼吸の最多の原因は、アデノイド・扁桃肥大です。
病院の耳鼻咽喉科で手術を受け、肥大したアデノイド・扁桃腺を切除することが多いです。
その他、慢性鼻炎の治療が必要な症例もあります。

夜間の症状

激しいイビキ
呼吸が止まる
寝相が悪い
口呼吸となる

日中の症状

多 動
注意散漫・落着きがない
異常行動
眠 気

その他、おねしょ(夜尿)、起床困難、朝の頭痛、胃液の逆流などの症状あります。
アデノイド肥大・口呼吸があると、顔面の筋肉や骨格の発育にも影響します(アデノイド顔貌)。
夜、イビキ呼吸のとき胸が陥没すること、および漏斗胸(胸が常に凹んでいる)を呈することがあります。
スマートフォン・携帯電話で動画撮影をして、睡眠外来の主治医に見せることも一案です。

睡眠時無呼吸症候群を未治療で放置すると、赤ちゃん・幼児の発達に悪影響です

成長と発達の遅滞 → 体重が増えない、身長が伸びない
集中力の欠如・昼間の眠気 → 授業中の居眠り、知能・学習能力の低下
落着きがない、多動、人格の変化(攻撃性)
胸部の変形 → 漏斗胸

診断方法

小児の睡眠時無呼吸症候群の診断は、成人と比較しても難しいことがあります。
睡眠時無呼吸症候群だけではなく、てんかん、その他の睡眠障害も合併していることもあるからです。
睡眠検査も重要ですが、ご家庭での保護者の観察所見も診断の助けになります。

治療管理

子どもの場合は大人と比較すると、アデノイド・扁桃肥大による睡眠時無呼吸症候群が大多数を占めます。
そのため、病院の耳鼻咽喉科で外科手術が主体となる場合が殆どです。
子供のイビキの原因として下顎後退が認められる場合、小児歯科・矯正歯科で歯科矯正を検討する症例もあります。