睡眠検査について

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。呼吸の停止により、脳に十分な酸素が送られないために睡眠の質が悪化し、その結果、昼間の眠気など様々な症状を呈する病気です。また、良好な睡眠が取れないだけでなく、高血圧や糖尿病といった生活習慣病や認知症、不整脈、性格の変化、勃起不全・・・等様々なの合併症を引き起こすことがあります。SASが関与した眠気による交通事故は社会問題にもなっています。寝ている間の無呼吸は自分で気付くことが難しいため、多くの潜在患者がいると推計されています。しかし、適切に治療することにより、合併症の改善や予防、眠気などの自覚症状の改善をもたらしますので、一度検査を受けられてみてはいかがでしょうか。当院では睡眠に関する様々な検査を行っております。以下に睡眠検査について詳しくご案内いたします。

在宅検査(簡易検査)

日中の過度の眠気や睡眠中に大きなイビキを指摘され、外来を受診した場合、まず簡単な問診を行います。
また、鼻や舌、咽頭といった呼吸路の状態の診察及び検査や睡眠障害に関する生活習慣病等の診察を行って、睡眠呼吸障害の検査の必要性を認めた場合、簡易型検査装置によるスクリーニング検査を行います。
簡易型検査装置でSASである可能性が高いと判断された場合、さらに詳しい終夜睡眠ポリグラフ(PSG)を行い、SASの状態を詳しく判定します。

終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG検査)

終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG検査)とは、は睡眠障害のタイプや重症度判定を行い、適切な治療法を決定するために必要な検査です。この検査を持って確定診断となります。眠っている状態での脳波、眼 球運動、呼吸運動、心電図、血液中の酸素レベル、脚の動きなどを調べます。検査中はビデオ記録を行い、いびき音、体の動き(寝相)、睡眠中の呼吸状態を評価します。検査自体は身体にセンサーを貼るだけで痛みはありません。途中でトイレに行 ったり、寝返りもうてます。

診療・検査の流れ

1. 初診
睡眠検査は診察後の予約制となっております。
まずは一度、受診をしていただいて検査の種類及び検査日を決定します。
(検査の予約はインターネットや電話でのご予約はしておりません。)
持参物品や検査内容等詳細にお話しさせていただきます。

2. 入院検査当日
入院検査当日 午後6時~7時頃
入院当日は、お食事・入浴(特別室はシャワー使用できますので入院後でも結構です)を済ませ7時までにご来院ください。
入院日もまず外来にて診察後、会計及び検査結果のご説明をする次回再診日のご予約をしていただきます。その後、睡眠検査室へご案内します。入院後、就寝準備をしていただきます。 検査開始まで病室にてお過ごしいただきます。
※タオル、歯ブラシ、スリッパ等お忘れの場合は、院内でも購入可能です。
※翌朝の検査終了時刻など、ご希望があればお気軽にご相談ください。

3. 各種モニターの装着
・順次、モニターの電極を装着していきます
・携帯電話の電源を切り、消灯、就寝(検査開始)となります。
・入眠が難しい場合、検査に影響が出にくい睡眠導入剤を服用していただく場合があります。

4.検査終了
検査終了 翌日午前6時頃
・モニターを外し検査終了となります。
・身支度が整い次第ご帰宅いただけます。
・7時前後での退院後、平常通りの通勤・通学が可能です。

入院検査費用の目安

保険適用の検査です。約7,500円〜18,000円程度となります。(健康保険の負担割合によって 変わります) ※特別個室は別途差額が必要となります。

反復睡眠潜時検査(MSLT検査)

当院では反復睡眠潜時検査(MSLT)も対応しております。この検査は、ナルコレプシー(日中強い眠気に襲われる過眠症)や特発性過眠症などの睡眠障害の診断に必要な検査です。終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG検査)と連動して昼間の眠気を調べる検査ですが、詳細及び検査日など、ご希望に出来る限り対応させていただきます。